ミニアルバム出します

わお、ド直球。

 

タイトルの通り月末の神戸イベントにてミニアルバムを出します。

今日は久々のブログというのもあるので中身についてざざっと。いつも通りの感じで。

中身は歴代のアルバムよりリメイクを数曲。新曲も。

個人のCDとしては3月に出した「新桜開花」から約二か月ぶり。中々に時間が経っていたつもりだけど、数字にするとそこまで期間も空いてなかったね。

肝心の中身だけども、前作よりもまたまた手ごたえが良く感じました。感じましたって、まだ完成してないけれどもね。

今まで出したかったけれどもタイミングが合わなかったり力量が中途半端だったり、そんな理由をつけて抱え込んでいたものを多く発散するアルバムになります。かなり楽しい。

 

”3+1の夜明け”は実は去年のアルバム「桜の影が散る頃に改」の一曲目に入れる予定だったけれど、なんか違うなと思ってパス。もうCDに入れる機会はないんだろうなって思ってたけど、こんなところに都合よくいいチャンスが転がってた。私としては珍しいインスト曲。

 

”いつも通りの朝”

この曲すっごい好き。私が作曲始めてから、やっと自分の作りたいものが出来たなって思った曲。これもどこかのタイミングで出したかったけど、結構音作りとか難しかったのでここまで伸ばしたりと。

 

”フルスピードの願い事”

これも好き。パワーコードでビューンスコーンと駆けていく爽快感。私もひっそりとコーラスで歌ったりしてます。

 

”長きに良し”

半音下降のコード進行並べてたら出来た曲。ピアノの入り方がすごく気持ちいい。

サビのフレーズがすごいお気に入りで、思わず口ずさみたくなっちゃう。

 

”これが本当の未来なら”

初期のアルバムに入れた曲なんだけど、楽器構成とかいろいろと見直し。

結構特殊な曲だよねこれ。あの時のようにつなぎます。

 

”由良型シンフォニー”

実は現時点で曲名しか上がってなかったりしてる。

頭の中でフレーズが浮かんでるけどそれをどう具現化するかで模索中。

間に合わなかったらごめんなさい。

 

”桜影”

この曲もかなりの古参だよね。懐かしさ爆発。

歌詞書いた当初のことを思い出しながら変わってしまった心を、ってそんなコーナーじゃないか。

ピアノの畳みかけが好き。

 

”対潜Carnival!”

こちらも桜改からの一曲。実は作った当初にギターも入れる予定だったけれど、諸々の事情で入らなかったので今回は入れました。楽しい。

 

””改”進撃は止まらない”

新曲。ガチガチに作りこみました、、と言ってもまだ中身を出してないのでご想像にお任せするしかなさそうだ。

散る頃にとか、集大成とか、エンディング系の曲は作るの楽しいね。得意かもしれない。

アナライズ

昔の曲はフレーズを沢山重ねてそこから旋律を、という形だったが最近は曲全体の流れを汲んでハーモニーを精査するところから始めてる。そのうえで歌詞に重きを置かなくなったのは悪い方向性なのかもしれない。

理論にとらわれ、見えない制限に追われ、今はそんな感じで続けてます。

いつ解放されるか分からないけど、これを抜け出せば新しい景色がまた見られると信じてる。

 

なんか文章の書き方変わったかな。今までのやり方を思い出せないや。

そんなわけで、とても面白いアルバムが出来ます。近々クロスフェードも出せればと。

ご近所の方はぜひとも神戸イベントでお会いしましょう。