コミケの話と来週のイベントの話。

2015年8月14日


久々のブログ更新。

8月も速度アップして夏も急上昇中。熱中症には気を付けようね。



なんて、自分でも飲み込めない分からない表現でスタートした今日、コミックマーケット……所謂夏コミが始まった。

炎天下の中での入場待機、猛暑の中での混戦。そんなものを予想していたが意外とすんなり入れた。

きっともう少し早ければ混雑に巻き込まれていたのだろうか、ともあれ、予想とはいい意味で裏切られた。


人が多い。さすが東京。そして前回のイベントとは比べ物にならない規模。なんじゃこりゃ。

これは素晴らしいものだ。色々な人が幸せになれる。この界隈の人にとって本当にかけがえのない祭りだと思う。

しかしそんな祭囃子の中にも不愉快な響きは存在してしまう。

時々見受けられたゴミのポイ捨て、割り込み、我が道を行くかのごとく人ごみを押しのける者、ローアングラー。

この世界の闇もまた一目で確認できてしまう。


これは私にも言えることで、だからこそここで言わせてもらう。もっと自分を弁えろ。身の程を知れ。

いいんだ、楽しんでいいんだ。私も楽しかった。うん、本当に楽しかった。

他人への配慮、失礼を施したら謝罪を。そうして平衡は保たれる。

だからこそ自分主義な人を見ると不愉快になる。これはただの私的意見だが、きっと誰もがそう思っていると信じたい。

きっとそれは周りから見ると最高にダサくて、ソイツはそのダサさを自覚することなくこれからも白い目を向けられて生きていくのだろう。そんなの嫌だ。そういった不愉快なヤツにも楽しく幸せであってほしい。だからこそ。


自分が楽しいと思うには、自分の周りの者、その場の雰囲気を楽しむ者、それらが幸せになって帰宅することが自分にとっての趣につながるんじゃないか。ちょっと文章が支離滅裂としてるけどまぁ各々で解釈して。

周りの気持ちも考えろ。自分一人が楽しむなんてことは現実に不可能だ。誰かが悲しめば自分も悲しむ。





ちょっとここら辺で気分変わったから話題転換。さっきの話は適当にメモ書き落書きを読んだと思っておいて。




来週は名古屋でイベントだ。うん、久々の名古屋イベントだな……。

前回の雪辱を晴らす。これだけだ。きっとまたあたらしい景色を持って行ける、見れる。

来れない君もその世界を想像して、創造して楽しもう。そしていつか君の元へも足を運ぶ。



疲れてきた。今日はここまで。きっとこの文章も明日見たらうわーってなると思う。でも書き残す。

その場その場での自分の考えてること、それを、たとえ文章が乱れようと書き残すのが私のやり方。

人生のセーブは出来ないがバックアップは取れる。いつでも呼び出せるようにね。


こうして私は明日からも頑張り続ける。君も頑張れ。